フラックス入り溶接ワイヤの種類

フラックス入り溶接ワイヤは、包括的なコストが低く、溶着速度が速く、スプラッシュが少ないため、エンジニアリングの実践でますます人気があります。 製造工程により、シームフラックス入りワイヤーとシームレスフラックス入りワイヤーに分けられます。 シームフラックス入りワイヤーは、ローラーを形成することによって溝に加工された細い鋼帯であり、粉末を使用してチューブに圧延し、次に伸線します。完成したワイヤーには表面錆処理が必要です。 シームレスフラックス入りワイヤーは、予備成形鋼管に粉末を充填し、電気メッキ、伸線、銅メッキ、高性能、低コストが将来の開発の方向性です。

充填粉末の組成に応じて、フラックス入り溶接ワイヤは、スラグフラックス入りワイヤと金属粉末フラックス入りワイヤに分けることができます。 前者は、スラグの塩基度に応じて、チタンタイプ(酸性スラグ)、チタン-カルシウムタイプ(中性または弱アルカリ性スラグ)、アルカリ性(アルカリ性スラグ)フラックス入り線に分類できます。 チタンフラックス入りワイヤは、溶接成形と全位置溶接の操作性は良好ですが、ノッチ靭性、耐クラック性はやや劣ります。逆に、アルカリフラックスコアワイヤのノッチ靭性、クラック耐性は良好ですが、外観、成形、溶接操作。

チタン-カルシウムフラックス入りワイヤの特性はその中間であり、今日ではほとんど使用されていません。 近年、新しいチタンフラックス入りワイヤは、優れた溶接技術を備えているだけでなく、拡散水素含有量が低く、耐衝撃性に優れています。 金属粉末フラックス入り線は、スラグが少なく(スラグの発生が少ない)、耐クラック性に優れ、チタンフラックス入り線との溶接性能が良く、チタンフラックス入り線よりも溶接効率が高いという特徴があります。

フラックス入りワイヤは、低炭素鋼、低合金高強度鋼、低温鋼、耐熱鋼、ステンレス鋼、耐摩耗性表面処理およびその他の鋼構造の溶接に使用できます。最も一般的に使用されるものは次のとおりです。

  • 低炭素鋼と高強度鋼のフラックス入りワイヤ

ほとんどのチタンスラグ溶接ワイヤー、良好な溶接プロセス、高い生産性。主に造船用フラックス入りワイヤー、橋梁、建設、自動車製造、および引張強度490MPaおよび590Mpaのその他のフラックス入りワイヤーに使用されます。

  • ステンレス鋼フラックス入りワイヤー

Cr-Niステンレスフラックス芯線、Crステンレスフラックス芯線の他に、20種類以上のステンレスフラックス芯線があります。 溶接線の直径は0.8、1.2、1.6mmなどで、ステンレス鋼板、中板、厚板の溶接に使用できます。 シールドガスは主にCO20ですが、Ar +(50%〜XNUMX%)COXNUMXの混合物でもかまいません。

  • 耐摩耗性の表面フラックス入りワイヤ

耐摩耗性を高めたり、金属表面にいくつかの特別な特性を持たせるために、一定量の合金元素が薬物コアに添加されます。 または、合金元素を焼結フラックスに添加することにより、対応するコンポーネントの表面層を表面処理後に取得できます。 ソリッドコアまたはフラックス入りワイヤと組み合わせて、さまざまな表面処理要件を満たすことができます。

利用可能な保護ガスは、フラックス入りワイヤ用のCO5.29およびAr + CO5.28混合ガスであり、前者は一般的な構造に使用されます。 したがって、シールドガスに応じて、フラックス入りワイヤは、ガスシールドフラックス入りワイヤと自己シールドフラックス入りワイヤ、すなわち、シールドガスまたはフラックスなしでアーク溶接できる溶接ワイヤに分けることができる。 一般的なガスシールドフラックス入りワイヤは、AWS A71 / 1 E81T1-C(M)、E2T81-K1、E1T91-NI1、E2T101-K3、E111-K1、E3T80-K90、E110C-G、E1.2C-G、E1.6C-です。 G等(一般直径XNUMXmm-XNUMXmm)。 自己シールド フラックス入り溶接ワイヤは、スラッギング、ガス製造、脱酸として粉末と金属粉末を配置するか、溶接ワイヤの表面にコーティングすることです。 溶接中、粉末はアークの作用下でスラグとガスになり、ガス保護なしでスラグとガス生成を行います。 自己保護フラックス入りワイヤの溶着効率は明らかに電極よりも高く、通常はXNUMX回の風溶接で、屋外または空中作業に適しており、主に低炭素鋼の溶接構造に使用されますが、高強度鋼の溶接には使用しないでください。重要な構造では、自己保護溶接ワイヤースートはより大きく、換気されており、限られたスペースで作業する場合は空気交換が必要であることに注意してください。

現在、フラックス入りワイヤの分類に関する統一された基準はありません。 フラックス入りワイヤの種類と液滴遷移形態によると、ほとんどの国では、フラックス入りワイヤは一般にチタンフラックス入りワイヤ、アルカリフラックス入りワイヤ、金属粉末フラックス入りワイヤ、および自己保護フラックス入りワイヤに分けられます。

0 返信

コメントを残す

議論に参加してみませんか?
貢献してお気軽に!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *